夏になると虫が多くなってきますよね。
窓を開けて網戸にしていても、名前のわからない小さい虫が入ってくるし‥‥
人一倍名前のわからない小さい虫が嫌いな嫁さんイチオシの品がこちら。
b0290173_19154713.jpg
CMでも有名な「虫コナーズアミド用」ホントに効くの?なんて半信半疑でスプレーしたら次の日ビックリ!
b0290173_19154852.jpg
わかりにくいかもしれませんが、名前のわからない小さい虫が、水際で阻止されてました。
名前のわからない小さい虫がこんなにも我が家にご訪問していたのにビックリ!

これで今年の夏は安心です。
[PR]
# by tochinomi2000 | 2013-07-02 18:59 | Comments(2)
今日は空き時間にちょっと買い物に行ってきました。
暑い夏、シャツは何枚でもあったら使えますよね。
ふらっと見ていたら、自転車マークのちりばめられたポロシャツを発見したので購入〜。
b0290173_1855287.jpg
競輪選手の会合用に。

またポロシャツを買ってしまった‥‥
我が家には一生どころか二生分のポロシャツがあったではないか。
でも、カッコいいからいいか!
[PR]
# by tochinomi2000 | 2013-07-01 18:39 | Comments(4)
今日も元気に若手に混じり、大きな声で誰よりも目立つ、チョイワルオヤジのレーサーがいました。
競輪選手生活30年の55歳!野村達さん(50回生)です。
b0290173_19521726.jpg
写真をお願いしたら、「髪乱れてるから、ちょっと整えるわ! 俺の写真写りがいいのは、斜め45度やから」と風貌と違い意外に気にしている様子。
55歳で現役は、まさにスゴイ!の一言。普段の練習も若手に混ざって、一番元気にやっているし、僕達若手のお手本なんです。
b0290173_19521785.jpg
若かりし頃は、かなりの伝説を残してきた、野村さん。
一見怖そうですが、後輩思いの良き兄貴的存在です。
恐い顔から繰り出す、お茶目な一面も見せてくれました。

僕も、こんなお茶目な55歳が目標です。まだまだ、僕らのお手本でいてくださいね〜。
[PR]
# by tochinomi2000 | 2013-06-30 19:50 | Comments(2)
いろんな職場でそれぞれの専門用語があると思いますが、競輪界にも専門用語があります。今日はそれを紹介したいと思います。

「バックを踏む」

競輪の自転車は、スピードを出せる用に余分な物は付いていません。
もちろんブレーキも付いていません。
そして、競輪自転車のギヤはママチャリの様に空回りしないので、足を休める事は出来ない、漕いだらずっと足を回しっ放しの状態になります。
b0290173_17574999.jpg
b0290173_17575030.jpg
ブレーキもない、足も回しっ放しでどう止まるか⁈
そこで、「バックを踏む」んです。
どういう事かと言うと、前に進む為に踏んでた足を、後ろに踏むと、段々スピードが落ちて止まる事ができます。

レースの中でも、スピードの強弱があるたびに、「バックを踏む」事があります。
レース後「ジャンでバック踏まされて、足がイッパイになっちゃいましたわ〜」なんて、話しをしたりします。

一般的な使い方としては、
「このショートケーキ食べたいけど、ダイエット中だからバック踏むわ」なんて、使い方をしてもらえれば正しいですね。
是非、普段にも使い易い用語なので、使ってみて下さいね〜。
b0290173_17575049.jpg
浅野将広(90回生)に「バックを踏む」を身体で現してもらったら、ロバートデニーロをモノマネする人みたいになっちゃってます。

浅野将広(90回生)168センチ、100キロ!
この体型にみんながバックを踏むわ‥‥
[PR]
# by tochinomi2000 | 2013-06-29 17:56 | Comments(2)
今日は、ウエイトトレーニングに行って来ました。
今では自転車に乗るのと同じくらい大事にしていて、ウエイトトレーニングを続けています。
b0290173_191714100.jpg
笑顔の指導が一番恐い!
岐阜にあるスポーツ科学トレーニングセンターと言うところで、かれこれ数十年ウエイトトレーニングのお世話になっています。右がそこでお世話になっている、川口純子さん。
自身も水泳選手だけあって、選手の気持ちもよ〜く解っていてくれます。

いつもトレーニングのメニューを組んでもらうのですが、結構ハード。
Mな僕の気持ちをよ〜く理解されてる指導者なんですね。
[PR]
# by tochinomi2000 | 2013-06-28 19:15 | Comments(2)